ドッグフードに含まれる危険な成分について

成分を注意して見ること

ドッグフードは、人間が食べる食品と違って、厳しいチェックがされていないものもあります。ですから、犬の健康を守るためには、飼い主が気を付けてあげる必要があるのです。ドッグフードには、危険だと言われている成分が配合されている製品もあります。特に危険だと言われているのが、エトキシキン、BHA、BHTです。

エトキシキンは、日本では使用が認められていない酸化防止剤で、価格が安いため海外のドッグフードに使用されている場合があります。基準値以上のエトキシキンを犬が摂取すると、アレルギーが発症したり、病気の原因にもなるので注意が必要です。

 

無添加のドッグフードを選ぶ

BHAは、ガソリン用の酸化防止剤として使われていたものです。その後、食品添加物としても使われています。この成分も、病気を引き起こすリスクがある成分だと言われています。BHTは、石油用の酸化防止剤でしたが、BHAと同じように冷凍商品など食品の一部に添加物として使われています。

しかし、BHTも、危険な添加物として有名です。肉の保存料や、肉の色を鮮やかにする発色剤としても使われる、亜硝酸ナトリウムにも注意が必要です。最近は、無添加で厳しくチェックされたドッグフードも多くなっています。愛犬の健康を考えるならば、飼い主が良いものを選んで食べさせてあげることが大事です。